結婚しても美容代を節約したくない! 節約してもいい美容代と節約しない美容代とは?

女性にとって、美容代は毎月の出費の中でも重要なものの一つですよね。
ヘアカット、ヘアカラー、基礎化粧品、メイクアップ用品、ネイルサロン、エステ・・数え上げればキリがなく、美容を維持するためにはかなりのお金がかかります。

結婚しても美容のためにお金をなるべくケチりたくない!
でも、結婚退職して専業主婦になったり、共働きでも家の購入や子どもの教育費を貯めなければいけないことを考えると、そう簡単にはいかないのが現実だよね…

 結婚後の美容代について、独身女性はどのように考えているの?

それを知るために、20~30代の独身女性に「結婚したら美容のためにお金を節約しないといけないと思いますか?」と質問したところ、

48%の人が「はい」と回答しました。その理由はというと…

結婚したら仕事をセーブしなければならなくなるので、自由に使えるお金が減ってしまうから。(29歳)

 

独身の頃は自分を着飾ることにお金をかけられたけど、結婚したら生活の方が大事になるから。(28歳)

あくまで生活が成り立っているから、美容にお金をかけることができるのです。

結婚後、旦那さんの給料でやりくりをし、その上出産や子育てなどを考えると、美容にかかるお金を節約して生活をしていくしかないと感じている人も多いですよね。

しかし、「これだけはケチケチして節約したくない!」と思う美容費もあるはずです。

結婚しても節約したくない美容費トップ5

第1位:化粧品
第2位:美容院代
第3位:サプリメント代
第4位:マッサージや整体代
第5位:ヨガ・ダンス、華道・茶道などの運動や文化教室の会費

それぞれの理由を聞いたところ、1位の 「化粧品代」では

ここで手を抜いてしまうと年を取ってからが怖いから・・・(23歳)
若いときは安い化粧品を使ってもいいけど、年をとってから安いものを使うと肌の衰えが激しいと、母親が言っていたから。(30歳)

2位の「美容院代」では、

Name
「髪型がアンバランスだったり、色がバラバラだと心が沈んでしまい、生活に困ってそうに見える」(36歳)
Name
「頭がボサボサだと生活感が出て、疲れて見えるので嫌」(31歳)

など、多くの女性が「美容院代」を気にしていることがうかがえます。

3位には「年齢を重ねたらもっとサプリメントが必要になりそう」(29歳),「子育て中は健康管理が欠かせない」(33歳)など、健康志向の女性に支持されたのは「サプリメントの費用」でした。

4位の「マッサージ・整体代」では、「生活の一部としてリラックスする時間が必要」(29歳)、「マッサージで治すしかない」(27歳)など、健康志向の女性に支持されていることがわかりました。

他にも、「肩こりや首こりがあるので、定期的に行かないのはつらい」(31歳)、「結婚してからも『癒し』は必要」(29歳)などの声もありました。

5位にランクインした「ヨガやダンス・華道や茶道などの運動文化教室の会費」については、「いくつになっても趣味があるといいと思う」(29歳)、「ストレス発散のためのものだから大事」(28歳)など、趣味として大切にしたいという声が多く寄せられました。

では、すでに結婚している女性の美容費事情はどうなっているのでしょうか。次は、結婚後も節約せず使っている美容費トップ5をご紹介します!

結婚後も節約せず使っている美容費トップ5

第1位:化粧品代
第2位:美容院の料金
第3位:サプリ
第4位:マッサージ・整体
第5位:エステ・スパ料金

びっくり、「エステ・スパ代」以外は、前述の独身女性のランキングと同じ結果となっています。独身女性5位の「ヨガやダンスなどの運動文化教室の会費」ではなく、「エステ・スパ代」がランクインしており、癒しやリラクゼーションを求めている方が多いことがうかがえますね。(結婚生活は忍耐もいるから^^;)

しかしその一方で、「エステ代は全部貯金している」という人もいます。彼女たちはどうやって節約しているのでしょうか?

エステ代を全額貯金している節約上手も‼どうやって貯めているの?

遠方のおしゃれな美容室から、近所の激安美容室に乗り換えました。意外と技術が良かったので満足しています。(29歳)
ポイントが使えるお気に入りのお店で化粧品を買うようにしています。(35歳)
美容院に行く回数を減らしました。化粧品はすべてドラッグストアで購入し、割引ハガキが届いた時だけ買うようにしています。(34歳)

KIHADA labo.からおすすめの節約美容法

ずばり、「肌断食」です。

1か月、数百円くらいで済むので、ほ~んとに節約になりますよ。

いろんな肌断食の方法があるのですが、私は以下の方法でケアしていました。

・晩の洗顔は、ファンデーションをしていた時は、クレンジングを使って、とにかく肌に摩擦を起こさないように、押す感じで優し~く、軽いタッチでお化粧を落とす。
その後、洗顔をする。この場合、100均の泡立て器でモコモコ泡を作る。
中の石鹸は何でもOK。私はミューズ。100円以下でした。
これを肌に押し付けるように汚れを落とす。
・洗顔後にワセリンを塗る。(朝晩どちらも)

注意 ワセリンは「白色ワセリン」を買うようにしましょう。他のワセリンは混ぜ物が入っている場合があるため、純度の高い「白色ワセリン」をお勧めします。

・バラペンフリーの日焼け止めを塗るか、人に会うときなどは、ファンデーションを塗る。

 

最新情報をチェックしよう!
>今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

もう年だから、とあきらめないで。月に一度のお手入れで、5年前のお顔を保つKIHADA labo.小顔施術。

CTR IMG