香りで幹細胞が元気になる!その仕組みとは?

キーワードはオキシトシン

オキシトシンという言葉を聞いたことがありますか?

別名”幸せホルモン”とも言われ、出産や育児に関するホルモンとして広く知られています。

そのオキシトシンの香りによって今話題の幹細胞が元気になるという研究が行われたのでお伝えしますね。

女性にバイオレット・ローズ・オレンジフラワー(ネロリ)などのエッセンシャルオイル(天然の精油)を含む香りをかいでもらい、その効果を調べました。その結果、脳から「オキシトシン」というホルモンが分泌されていることがわかりました。この「オキシトシン」は、血液を介して肌に届きます。さらに、オキシトシンが皮膚の表皮細胞や真皮細胞に働きかけ、その二つの細胞から「IGF-1*2」という物質を分泌させ、皮膚の幹細胞の運動能力を高める(幹細胞を元気にする)ことを発見しました。
肌の幹細胞は、肌細胞の元となる細胞であり、肌の再生を担っています。しかし、皮膚幹細胞の活性度には個人差があることがわかっています。、バイオレット・ローズ・オレンジフラワーなどのエッセンシャルオイルを配合した香りは、元気のない肌の幹細胞を元気にし、若々しい肌へと導く効果があると考えられています。

バイオレット・ローズ、オレンジフラワー(ネロリ)などのエッセンシャルオイルを含む香りは幹細胞を元気にする仕組みとは?

 

バイオレット・ローズ、オレンジフラワー(ネロリ)などのエッセンシャルオイルを含む香りをかぐと、オキシトシンの分泌が促進されます

バイオレット・ローズ、オレンジフラワー(ネロリ)などのエッセンシャルオイルを含む香りを女性にかいでもらいました。その5分後に唾液中のオキシトシン濃度を測定した結果、香りを嗅ぐ前に比べてオキシトシン濃度が上昇しました。

オキシトシンによって肌の細胞からIGF-1が分泌される

培養した表皮細胞および真皮細胞にオキシトシンを添加し、IGF-1の産生をmRNAの発現した量で測定しました。その結果、オキシトシンは表皮細胞および真皮細胞においてIGF-1の産生を増加させることがわかりました。

IGF-1は幹細胞の活力を高める

培養中した幹細胞が動く軌跡をコンピュータで解析し、一定期間に幹細胞が移動する距離を‘元気度”と定義しました。その結果、IGF-1を添加すると幹細胞の元気度が高まることがわかりました。

オキシトシンの作用一覧

オキシトシン

引用元  NIKKEI STYLE https://style.nikkei.com/

終わりに

キハダラボのサロンでは、オキシトシンの分泌が期待できるアロマオイルを設置しております。

お顔を触らせていただくだけでも、副交感神経が優位になり、リラックスできるのですが、その上にアロマオイルの効能により、よりリラックスしていただけるようなサロンづくりをしております*^^*

最新情報をチェックしよう!
>今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

もう年だから、とあきらめないで。月に一度のお手入れで、5年前のお顔を保つKIHADA labo.小顔施術。

CTR IMG