年を取ると筋肉に脂肪が入り込む⁉ためしてガッテンから驚きの情報が‼

年を重ねると筋トレをしてもなかなか効果がでないと感じることはありませんか。
ためしてガッテンで放送されていた内容では

20歳と76歳女性に1週間同じ筋トレをしてもらい効果を検証しました。
すると20歳の女性は筋肉量がしっかり増えていたのに対して76歳の女性は減っていたのです。

筋トレをしたのになぜ筋肉量が減ってしまったのでしょうか。
76歳の女性の太ももの断面図を見ると、筋肉の中になんと脂肪が入り込んでいたのです!

図を入れる

これは「異所性脂肪」というもので、いわば筋肉が「霜降り肉状態」化したもの。
加齢によって筋肉が萎縮すると、筋肉があるべき場所に、脂肪が入り込んでしまうらしいのです。
こんな状態になると筋トレの効果が出にくくなるのは当然ですね。
じゃあどうしたらいいのでしょうか?

3分間筋トレ歩きと牛乳で筋肉量アップ作戦

運動を継続して行えば、筋肉量を増やすことが可能です。
霜降り状態の筋肉を鍛えるためには、無理なくコツコツ継続できる運動が必要になります。

3分筋トレ歩き(インターバル速歩)です。

3分筋トレ歩きの方法

自分がややキツイと感じる速い歩きとゆっくり歩きを3分ずつ繰り返すだけ。

目安は1週間で速い歩きの時間が合計60分以上になるのが目標です。

3分の速い歩きを1日5回する。
週4回でOK。
これなら自分の体力やペースで無理なく行えそうですね。

もう一つ大事なこと。
それは3分筋トレ歩きの後に「アミノ酸」を摂取すること。

筋トレのあと(運動後30~1時間の間)の筋肉は、傷んだ組織を修復するために筋肉の材料となるアミノ酸を取り込みやすい状態なのです。

手軽な食材でいうと、牛乳。
3分筋トレ歩きのあと30分以内に牛乳1杯(200ml)を飲むのがベスト。
牛乳を飲んだ人は飲まなかった人より、脚の筋肉量の増加が2倍になったという驚きの結果が出ています。

詳しい3分筋トレ歩きの方法

まずはゆっくり3分間歩き

次に3分間速い歩き

ポイントは自分がややきついな~と感じるくらいでOK。

コツコツ続ければ必ず効果を実感できると思います。
私はルームランナーで毎日頑張っています!

最新情報をチェックしよう!
>今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

もう年だから、とあきらめないで。月に一度のお手入れで、5年前のお顔を保つKIHADA labo.小顔施術。

CTR IMG