ネオヒーラーのマイクロカレントとは?生体電流とは?

~ネオヒーラー公式サイトより~

マイクロカレントとは

知覚神経では感じることのできない極めて微弱な電流で、人間の体に流れている「生体電流」に似た性質を持っています。

このマイクロカレントが生体電流を活性化させ、細胞修復を促すと考えられています。スポーツ医学の領域では10数年前からマイクロカレントに関する研究を本格化し、最近では学会や医学論文でもマイクロカレントが骨格筋(体を支え、動かすための筋肉)の再生能力を活性化し「損傷骨格筋」の回復を流すことが発表され、専門家の間で話題となりました。スポーツの現場はもちろんリハビリテーションや治療院、美容サロンにおいてもマイクロカレントは有効な治療手段であると期待されています。

・微細な電流による損傷骨格筋の再生メカニズム

マイクロカレントによる刺激が、筋肉の再生に関与する細胞を活性化。筋肉内のタンパク量が増加し筋繊維が増大するといった作用が考えられています。その結果、「筋肉」「腱」「靭帯」などの損傷した組織の再生を促すとされています。

また、マイクロカレントは痛みを抑える除痛効果もあるとされており、今も研究が進められています。

・マイクロカレントの作用でわかっていること

細胞の修復、血行促進、痛み炎症の緩和、筋肉の弛緩、関節可動域の拡大、骨や肌の修復促進。

生体電流とは

人間の体に流れているごく微弱な電気のことで、血液やリンパの流れ、脳や心臓もこの生体電気が動かしており、私たちが私たち人間が生きていく上で欠かすことのできないものです。

生体電流はエネルギーを起こす元であるATPという物質の生成や、タンパク質の合成、心臓が動き常に血液を循環させること、筋肉や神経に指示を出し身体を動かすこと、肌が細胞分裂して生まれ変わることなどに働きかけ、生物が生きている上で常に行っている成長、代謝、再生、増殖作用、細胞の分裂と修復などの重要な作用を促しています。

生体電流は成長期の子どもや若い人ほど活発であり、アスリートや適度な運動している人、また瞑想や気功などを行うと生体電流が活性化することがわかっています。平均的に40歳前後から衰え始めるため、徐々に細胞の修復など自ら回復する自然治癒力が低下していき、加齢とともに傷の治りが遅くなるのは細胞再生の循環が鈍くなるためです。

ネオヒーラーで全身をマッサージし、加齢とともに低下していく生体電流を活性化することをおススメします。

当店では、通常のネオヒーラーの基礎的な施術を取り入れつつ、さらに発展させた方法を取り入れて施術をしております。

初回お試し 65分 ·‥…━━━☞・‥…━━━☞ 3,980円(税込)

ネオヒーラーのマイクロカレントとは?生体電流とは?
最新情報をチェックしよう!
>今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

もう年だから、とあきらめないで。月に一度のお手入れで、5年前のお顔を保つKIHADA labo.小顔施術。

CTR IMG