頭痛の原因が頭以外にもあった

頭痛とオメガ3の関係が発見されました

今回は、米国国立衛生研究所を中心とした研究チームが行った、偏頭痛の予防における健康的な食事の役割と関連性を調査した研究を紹介したいと思います。

片頭痛や慢性頭痛は、世界的に大きな課題となっています。医療の発達により治療方法は改善されてきましたが、日常生活への支障や医療費、薬の副作用などの問題は解決されていません。食生活を見直すことで、頭痛から解放されることを願っています。

この研究は、米国の国立研究機関のチームが、182人の被験者を3つのグループに分けて行ったものです。

3つのグループは以下の通り。

  1. 通常の食事グループ
  2. オメガ3が多めの食事グループ
  3. オメガ3が多めで、かつオメガ6が少なめの食事グループ

募集した被験者は、月に5~20日の偏頭痛に悩まされている人、または偏頭痛が起こりやすい人でした。

結論から言うと、16週間の試験の結果、②と③の「オメガ3」を多く含む食事をしたグループは、毎月の頭痛の回数が2倍少なくなり、痛みの持続時間も短くなり、さらに痛みも軽減されました。また、試験の結果、②と③の「オメガ3」を多く含む食事をとったグループは、①の普通の食事を摂ったグループに比べて、痛みの軽減指数の値が高いことが分かりました。

これらの結果から、研究チームは、食事の内容(食べる油脂の質)を変えることで痛みを和らげることができ、食事と痛みの関係について解明できるヒントになるのではと書かれていました。

もちろん、これがすべてではありませんが、慢性的な頭痛に悩まされている人にとっては、オメガ3を多く含む食事が、薬と併用できるツールのひとつになる可能性があることを示しています。今回の研究結果は、オメガ3とオメガ6と「痛み」の関係とのメカニズムを示しており、慢性的な痛みを管理するための新しいアプローチへの扉を開くものです。

まとめ

オメガ3系を積極的に食事に取り入れることで、頭痛のある日数が半減したという驚きの結果が出ました。しかし、現代の加工食品にはオメガ6(リノール酸)が至るところにあるため、食生活の改善には限界があることも指摘されました。
頭痛や偏頭痛を起こしやすい人は、この点を考慮したほうがいいかもしれません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

今からでも小顔になるのは遅くありません。KIHADA labo.の小顔施術

もう年だから、とあきらめないで。月に一度のお手入れで、5年前のお顔を保つKIHADA labo.小顔施術。

CTR IMG